四季それぞれの魅力

春・夏・秋・冬。

どの季節にもその季節ならではの美しさと魅力がたくさんあります!

ニセコの夏

Spring - 春 -


美しい花々、青い空、そして素晴らしい天気。 ニセコの春はちょっと変わっているかもしれません。山々はまだ雪化粧をしたままですが、町には新緑や草木が花を咲かせます。

雪解け水が川へと流れ、川の水量が増えるためにこの時期のラフティングはスリル満点!

Niseko Rafting

Summer - 夏 -


ニセコ=究極のアウトドアライフスタイルリゾートです。アジア最高のリゾートの雰囲気を楽しむのは夏がベスト!

ニセコエリアを見守る多くの山々でハイキングしたり、ニセコ周辺に数あるゴルフコースを訪れたり。冷涼な気候でのアウトドアアクティビティは最高です!

ニセコオータムフードフェスティバル

Autumn - 秋 -


秋は収穫の季節で、ニセコの特産品を楽しむのに最適な時期です。 木々の葉が黄色くなり始め、森はやがて山の錦となります。

毎年秋に開催されるニセコオータムフェスティバルでは、ニセコの名店の料理をお手軽に楽しめます。

ニセコでスキー

Winter - 冬 -


ニセコの冬といえば「パウダースノー」
真っ白な雪が全てを覆い尽くす風景は一度見たらきっと忘れることができない美しさです。

冬の雪のピークは12月中旬から2月末まで。3月に入ると太陽と青空が見える日が多くなってきます。

ニセコの4リゾート

アンヌプリのふもとには4つのリゾート(アンヌプリ、ニセコビレッジ、グランヒラフ、ニセコHanazono)があります。

各リゾートエリアには、多くの宿泊施設や飲食店などがあり、各種アクティビティも楽しめます。

リゾートエリア近郊の倶知安町市街地、ニセコ町、蘭越町にも宿泊施設は多数あります。

パークハイアットニセコ

ホテル

人によって宿泊先に求めるものは異なります。ニセコには数多くの多様な宿泊施設があり、どのような要望をお持ちの方にもピッタリの宿が必ず見つかります。

高級コンドミニアム

ニセコの魅力的なコンドミニアムに滞在して、スタイリッシュにニセコをお楽しみください。 おしゃれな外観のコンドミニアム、客室内のモダンな家具は海外のリゾート施設を思わせます。

ニセコのペンション

ホステル & ペンション

どうせ寝るだけだから、宿泊費用をなるべく抑えたい!旅先で新たな仲間をつくりたい!そういった方には、ニセコのホステルやペンションがぴったりです。

ニセコの旅館

旅館

「海外のようなリゾート」と形容されるニセコエリアにも、本格的な和を感じられる旅館もあります。 和のおもてなしの心が心地よい滞在を過ごすことができます。

戸建てタイプ宿泊施設

戸建て貸別荘 & ロッジ

のびのびとくつろいでリラックスできる広い戸建てタイプの宿泊施設と居心地の良いロッジ。 自宅にいる時間以上にくつろげる時間を過ごせるかもしれません!

ニセコの楽しみ方

ニセコは、年齢問わず誰もが楽しめる冒険が待っています!

世界で美しい場所のひとつ、ニセコ。様々な体験を通してニセコでの滞在を最大限に楽しんでください。

ニセコへのアクセス

北海道の空の玄関口である新千歳空港へと降り立ち、ヒラフウェルカムセンターへの空港バスを利用する方法が最も一般的です。

ヒラフウェルカムセンターへは多くの宿泊施設が送迎サービスを実施しています。

飛行機で北海道へ

東京から2時間弱

北海道の空の玄関口は新千歳空港。国内各地から直行便が多数就航しています。

多くのレストランやお土産屋さんに温泉まであり複合的な施設で、思わず空港から出たくなくなってしまうかも!?

電車でニセコへ

札幌から約2時間半

JR新千歳空港駅や、JR札幌駅からニセコエリアへは快速列車含め多くの列車が運行しています。多くの列車はJR倶知安駅を終点としています。

JR倶知安駅からはタクシーや路線バスも発着していますし、多くの宿泊施設が倶知安駅までの送迎サービスを行っています。

車でニセコへ

札幌から約2時間

レンタカーや自家用車があるとニセコ滞在の楽しみの幅がグッと広がります。

札幌市内からニセコエリアまでは、国道を使い「中山峠」を超えてくるルート、または小樽方面を回る高速道路を使用するルートの二つが人気です。

バスでニセコへ

新千歳空港から約2時間半

新千歳空港からニセコエリアを訪れる最も一般的な方法は、空港バスです。

冬期間中は毎日朝から夜まで複数のバス会社による直行バスが出発しています。夏期間中も本数は冬よりは少なくなりますが、直行バスが走っています。