ニセコでの「日本食体験」のスペシャルイベント Gastronomy Japan in Niseko 開催

ミシュラン2つ星店による特製「天丼」を北海道ニセコにて提供。ニセコへ休暇で訪れるインバウンド層や地元コミュニティへ新しい形での日本食体験を提供。

株式会社GOYOH(以下、GOYOH、本社: 東京都新宿区: 代表取締役  伊藤幸彦)は、2020年1月24日から2月29日の期間で、北海道ニセコにて、食イベント「Gastronomy Japan in Niseko」を開催します。

当イベントでは、多くの海外富裕層が訪れる北海道ニセコを舞台に、北海道を代表するミシュラン二つ星を獲得した有名レストランの「天ぷら
あら木」による、当イベント特製の「天丼」を、ニセコのGinger Restaurantとのコラボレーションイベントとして提供します。

概要

世界中からニセコへ訪れる皆様へ、「今だけ」、「ここだけ」の食体験を提供します。

期間:  2020年1月24日(金)~ 2020年2月29日(土)

時間:  14:30 - 22:30 (L.O. 21:45) *Ginger Restaurantは07:00から営業

場所:  Ginger Restaurant (北海道虻田郡倶知安町字山田195-1 AYA Niseko 1階)

提供メニュー: 天ぷらあら木 特製天丼

天ぷら あら木

ミシュランガイド北海道2017で2つ星を獲得した、プロの料理人も通う札幌すすきのの完全予約制のレストラン。北海道の贅沢な素材の魅力が最大限に引き出され、精巧に考え抜かれた一つ一つのメニューが全体を調和し、荒木シェフの巧みな調理技法が、天ぷらの醍醐味や奥深さを多くのお客様に提供します。

Ginger Restaurant

ニセコを訪れる世界中の来訪者が大きな信頼が寄せる、ニセコ グラン・ヒラフ・スキー場ゲレンデに隣接したレストラン。デニス・バンデンブリンクに率いられた国際色豊かなメンバー達が、それぞれの個性と北海道の食材を自由自在にアレンジし、日本食の良さを最大限に活かすクリエイティブな料理を提供します。

イベント会場となるジンジャーレストランは、この度の企画に一早く賛同し、これまでのスキーリゾートとしてのニセコに加え、新たに「ガストロノミー・リゾート」としてのニセコの魅力を世界に発信すべく、イベントを牽引しています。

http://www.ginger.restaurant/

 

本物の日本食を世界のお客様に広める

今回のイベントは、本物の日本食を世界のお客様に広めていく試みとして、より多くの方々にお楽しみいただくため、フルコースのメニューでなく、あえて「丼」という形で提供します。

スキーの前後や、ファミリーでの団らんの時間において、より気軽に本物の日本食を楽しんていただける、またニセコへ休暇で訪れるインバウンド層のお客様だけでなく、世界中から集まるニセコで働く皆様、地元の皆様へも新しい形での日本食体験を提供します。

またウルトラ富裕層を含むGOYOH会員や、GOYOHと提携する施設へ訪れるインバウンド富裕層へもダイレクトに当イベントを通じた食体験をお楽しみいただきます。

ウェブサイト

日本語 : https://www.goyoh.jp/event/?lang=ja

英語 : https://www.goyoh.jp/event/?lang=en

中国語 : https://www.goyoh.jp/event/?lang=zh

Instagram : https://www.instagram.com/gastronomyjapan/


第7回ニセコクラシック、エントリー受付中!

2020年6月12日(金)~14日(日) にかけて「第7回ニセコクラシック」が開催いたします。

国内最大規模の自転車イベントとして認知されているニセコクラシック。大会期間中はロードレースやタイムトライアルだけでなくファンライドイベントも開催され、国内外から総勢2,000名以上のサイクリストがニセコに集結します!

レースの参加者だけではなく、そのご家族やご友人もニセコ滞在を堪能できるよう、13日(土)、14日(日)の2日間、メイン会場では 「ニセコサイクルフェスティバル」が併催されます。 様々な飲食テント、ステージイベンントやふわふわ遊具などを楽しむことができます!

レース定員はタイムトライアルは300名、ロードレースは1,400名の計1,700名。
すでに定員に達しているカテゴリーもありますので、レースへの参加をご検討の方は早めにエントリーを!
詳細・エントリーはコチラ


ニセコシュートアウトショートフィルムフェスティバル 2019-20

見逃がせない春の一大イベント!

一連のイベントの最後を飾るの「ニセコシュートアウト ショートフィルムフェスティバル」。ニセコシュートアウト写真コンテストの入賞作品もそこで発表されます!

あなたのその編集スキルに磨きをかけて、賞金総額250,000円を手に入れませんか?フェスティバルは3月14日(土)開催、下記5つのカテゴリーで選ばれた最長7分間の映画作品がプレミア上映されます:

  • 人物描写
  • 文化
  • 自然/環境
  • パークライディング
  • アドベンチャー/探検

出場登録は無料で、3月2日(月)まで受け付けています。エントリーフォームに必要事項を入力ください映画や写真を通してニセコの冬の終わりを祝うこのイベントに、皆さんお誘いあわせの上お越しください!

1位:賞金12万円

2位:賞金8万円

3位:賞金5万円

「ショートフィルムフェスティバル」ガイドライン:

登録は無料です。

応募者は、2020年3月2日(月)までに、記入した「ニセコシュートアウト ショートフィルムフェスト出場登録フォーム」を入力ください。

作品提出期限は2020年3月2日です。

応募作品は7分以内であれば何分でもかまいません。

外国語作品は、英語翻訳の添付、または英語字幕が必要です。

作品は2018年3月14日以降に完成したものに限ります。

作品は、後志内撮影したものに限ります。

応募者は、出品作品の一般公開に必要なすべての音楽使用(フェスティバルの権利)および出演者等関係者の許可を確実に取得する責任があります。作品提出の際、関連書類をご提出ください。

作品内に音声や字幕が含まれる場合、審査員の母国語が日本語および英語である点に留意ください。

応募作品には日本で違法とされる行為を一切含んではならない。違法行為の一例として、私有地への進入や器物損壊、雪崩防止柵や公共備品の毀損などが含まれます。

応募者は、プロモーション用素材として以下のものを提供すること:出品作品およびフィルムフェスティバルの宣伝を目的とした、静止画像3点と1015秒のティーザー(予告編)1本。

応募者は、以下の5つの基準によって審査されます。

 

  • ニセコの真髄
  • ストーリー展開
  • 革新性
  • 映画撮影法
  • 制作と編集

*私は、ニセコシュートアウト写真コンテストの審査員が入賞作品を選び、その最終結論に異議申し立てをする余地はないことを承知しています。

*応募者は、これらのガイドラインに含まれていないすべての事項およびそれらに起因する問題は、映画フェスティバル主催者の裁量で決定されることを認め、同意します。

カテゴリー

  • 人物描写
  • アドベンチャー/探検
  • パークライディング
  • 文化
  • 自然/環境

入賞者は1位、2位、3位のみです。各入賞者はいずれのカテゴリーからでも選出されます。例:すべての入賞者が1つのカテゴリーから出ることもあります。

 

技術要件:

応募者は、HD高解像度版フィルムを提出してください。

提出方法は、応募者の登録時にEメールにて検討されます。


2019-20 ニセコシュートアウト プロアマ写真コンテスト開始!

佐々木玄、渡辺大介やTim McChesneyといったスノーシーンの第一線で活躍するプロをはじめ、国内外のアマチュアカメラマンが多数参加!

いよいよ今日からの4日間が撮影期間となる ニセコシュートアウトプロアマ写真コンテスト」は、冬期間を通して開催されている2019-20年 ニセコシュートアウト」の一部門です。全部で22組のアスリートとフォトグラファーからなるチームが、1月9日〜12日の4日間、最高の一枚を求めて後志エリアを探検します。賞金総額はなんと200,000円!

コンテストの主催者の一人、Winstead Heyward はコンテスト開始前にこう語っていました「コンテスト期間中はあまりパウダーがなさそうな予報なので、優勝する写真を撮るにはライダーもカメラマンも柔軟な発想で、クリエイティブになる必要がある」と。

「でもそれこそがこのコンテストの面白いところです。期間が決まっているので、その期間中にどんな天候になるかは誰にも分からない。どんなコンディションになろうと対応する必要があります。」

「更にこのコンテストはスキー場管理区域外で撮影された作品も投稿対象となるので、ニセコの持つ広大なフィールドの全てを活用できます。」

「昨年と比べると、ローカルの日本人チームの参加が増えているのがとても嬉しいです。さらにレベルの高い作品が集まりそうですね!」

 

プロチーム

チームスポンサー ライダー 写真家
Oyuki Japan Tim Mcchesney Nolan Yoshiaki Isozaki
Oyuki Japan Anna Segal Nolan Yoshiaki Isozaki
ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ 佐々木 玄 Aaron Jamieson
K2 Snowboarding 渡辺 大介 Dany kean
DAYZE 堀井 優作 渡辺 淳一郎
Yuki Kamui, Iwanai Resort Haley Guttin Kyler Chambers
Glen Claydon Photography Jaimi French Glen Claydon

アマチュアチーム

チームスポンサー ライダー 写真家
フィンエアー Freddie Mills Nick Savage
Independent Theo Morton 小山翔太郎
Independent James Winfield Teddy Laycock
Independent 跡部 竜 Tanner Dobbins
Independent Aron Hayes Tomasz Ustupski
SnowPlus 高 宸閎 郭 昭慶
Dragon Samuel Nelson Neil McNair
Independent Robert Buchanan Lukas Eibenstein
Independent George Treble Jonas Eibenstein
Hanazono Niseko Jimi Oertli Toshi Pander
Independent Patrick Schuster Markus Paul
Yama Plus Evan Wilcox Toshi Pander
Niseko Black Snowsports Simon Pervez Justin Owers
Niseko Black Snowsports Manuel Ruiz De Somavia Toni Rodriguez
Niseko Black Snowsports Juan Berthold Bianca Peralta

投票&審査方法

審査員特別賞:賞金12万円

ProAM優秀作品賞:賞金8万円

1月17日から20日までの4日間が一般投票の期間です。投票の方法は、ニセコプロモーションボードのFacebookページ内にある画像アルバム「2019-20 Niseko Shootout ProAM」にアップされている画像のうち、一番のお気に入りに「いいね!」するだけです!

投票締め切りは、1月20日 午後11:59です。さあ、いますぐ投票しましょう!

優勝者の発表は、1月21日をRhythm Baseで予定。詳しくはコチラから

 


日本語・中国語・英会話教室のお知らせ

ニセコ町国際交流員のスタッフによる他言語講座を無料で開催しております。日本語・中国語・英会話と国際交流員のネイティブスタッフが講師として指導します。事前予約は不要です。日本語・中国語クラスは、場合によってテキスト料が別途かかります。この機会にぜひ参加いただき海外の方々ともコミュミケーションをとってみませんか?

◆日本語教室 I & II

Beginner Japanese I (日本語教室初級)

担当者(講師):マイケル
内容:ひらがなが終わり、カタカナと入門の日本語文法を勉強中
日時:毎週火曜日 10:00~11:30 (90分)
教科書:Genki 1(現在第2課)

Beginner Japanese II(日本語教室中級)
担当者(講師):ミッチ
内容:形容詞の活用、て形を勉強中
日時:毎週水曜日 10:00~11:00
教科書:Genki 1 (現在第6課)

 

料金:無料   (教科書は別料)

場所:ニセコ町民センタ- の研究室5

◆英会話TALK

​毎月 第2・3土曜日)(今月:1月18日)

無料

10:00-11:00 ニセコ町民センター研修室4

◆中国語教室

​毎週木曜日10:00-11:15

無料

ニセコ町民センター研修室4

<お問い合わせ先>

国際交流ニセコFRIENDS事務局(ニセコ町役場企画環境課)

 

担当:ミッシェル・ラング   TEL0136-44-2121 [email protected]