倶知安G20会合 来年2019年10月24日に政府調整

政府は2019年に後志管内倶知安町で開く20カ国・地域(G20)首脳会合に伴う観光担当相会合の開催日について、同年10月24日とする方向で最終調整に入った。5~6月には次官級の準備会合も同町で開き、国際的なリゾートとして外国人観光客らにも人気の高いニセコひらふ地区を抱える同町の知名度向上につなげたい考え。複数の政府関係者が26日明らかにした。

閣僚会合の開催時期について政府は当初、5~9月で調整。ただ、開催中は警備上、観光客の宿泊施設利用が制限されるため、町側は繁忙期の7~8月を避けるよう求めていた。政府は平日である10月24日に設定することで、集客への影響を最小限にとどめたい考えだ。閣僚会合と重なる10月24~27日には、大阪で国際的観光イベントの開催も予定されており、各国関係者が連続して参加できるよう配慮した側面もある。

閣僚会合の会場は「ニセコHANAZONOリゾート」内の施設が有力視されている。参加者は200~300人の見通しで、宿泊にはニセコひらふ地区のコンドミニアムなどを使用する予定だ。

 

次官級の準備会合も倶知安町で開催することについて、首相周辺は「世界の観光の要人に魅力を訴える場が複数回あることは、倶知安にとっても大きい」と説明した。(北海道新聞 2018年6月27日)


ニセコインターナショナルクリニックからのお知らせ

皆様こんにちは、ニセコインターナショナルクリニックです。
本日は皆様に診療日時に関してのお知らせです。
当初は冬シーズンのみの診療とご案内しておりましたが、夏も引き続き診療させて頂いております。
冬場・夏場で診療日時が異なりますので、ご注意頂きます様お願い申し上げます。

 

夏シーズン(4月1日~11月30日)
診療日:月・水・金・土(祝祭日を除く)
診療時間:午前9時~午後12時/午後2時~午後5時

 

 

冬シーズン(12月1日~3月31日)
診療日:毎日(年末年始・祝祭日含む)
診療時間:午前9時~午後5時

 

どのようなことでも、まずは相談頂ける様なクリニックを目指しております。
何かお困りのことがございましたら、お気軽にご連絡下さい。

 

〒044-0081
北海道虻田郡倶知安町字山田76-100

電話:0136-21-5454
Eメール:[email protected]
HP:https://www.niseko-nic.com/home-3


リズムパンプトラック無料解放オープン!!

この夏リズムジャパンでは、ひらふサンスポーツランドにてパンプトラックを無料解放します!ぜひ、ご家族や自転車好きのお仲間お誘い合わせでお楽しみください!

6月30日(土)のオープン日には、リズム主催のサマーBBQ&抽選会もあります。また、毎週金曜日の「MTBフライデーイベント!!」も好評開催中です!レンタルバイクの貸し出しもあるので、ぜひこの機会にお楽しみください!

・設置場所:倶知安町ひらふサンスポーツランドグランド下段多目的スペース

・営業期間 :2018年6月30日 - 8月末日※延長の可能性あり

・営業時間     : 午前8:00-午後6:00(常設、8月末まで設置予定。)

・予約方法  :予約不要(ただし初回利用に限りリズムにて誓約書にサインが必要です。)

・料金     :無料

※使用に伴う、自転車を含む備品の貸し出しにつきましては、リズムにてレンタルあり(レンタル料別途かかります)

ヘルメット 800円 (3時間)、1000円(1日)

ニーガード 800円 (3時間)、1000円(1日)

プレミアムバイク 3500円(3時間)、5500円(1日)

スタンダードバイク  3000円(3時間)、4250円(1日)

キッズバイク  2000円(3時間)、3500円(1日)

 

お問合せにつきましては、リズムジャパンショップ TEL 0136-23-8133までお問合せください。


ニセコ観光圏ミーティング〜目指すDMOの姿

平成26年7月に認定されたニセコ観光圏(蘭越町、ニセコ町、倶知安町)は5年目を迎えます。ニセコ観光圏では、これまで観光地域づくりマネージャーの人材育成や国の支援事業を活用した連携事業などを行っております。さらに今年3月30日にニセコ観光圏のプラットフォームであるニセコプロモーションボードが地域連携DMOとして法人登録となりました。

このたび構成するニセコ観光圏の3町長とニセコプロモーションボードの代表理事ロス・フィンドレー氏の4人、ファシリテーターに清水愼一氏をお迎えし、3回目となる今年は「ニセコ観光圏ミーティング~目指すDMOの姿」というテーマでミニフォーラムを開催します。
清水氏のリードでニセコエリアの観光振興について官民それぞれの役割や連携などについてフリーディスカッションされます。
どなたでも参加できますので、みなさんのご来場をお待ちしております。
場所:タンタ・アン(倶知安町字山田209 マウンテンセンター2階)

 

日時:平成30年7月5日14:30~(2時間程度)  開場14:00

お問い合わせ先
ニセコ観光圏協議会事務局(ニセコ町役場 商工観光課内)
TEL:0136-44-2121
FAX:0136-44-3500
Email:[email protected]


平成30年度 NPB代表理事からのご挨拶

『昨年度は一般社団法人ニセコプロモーションボードの活動をサポートいただき誠にありがとうございました。まだまだやるべき事はたくさんありますが、この一年で多くの事を成し遂げられたと感じます。2017-18年冬シーズンも皆様のお陰で世界中からのお客様でニセコエリアは盛り上がりました。エリア内各所で更なる設備投資が進んでおり、新しいリフトや宿泊施設に、レストランやバーが相次いで誕生しています。また、昨年度は夏のニセコエリアの魅力づくりが進んだ一年だったとおもいます。樹上アドベンチャーパーク、マウンテンバイク、ジップラインといった新たな魅力が加わりまた。これら新たな魅力が登場し始めている今こそ、ニセコを通年型リゾートとしてブランディングし、年間での繁閑の差を埋めなければなりません。ニセコエリアの観光産業は近隣地域の他産業へもプラスの効果を生んでいると思います。良い人材を集めるには整った住環境、教育、ライフスタイル、そして未来への展望がある町でなければなりません。今後もNPB会員各位には、コミュニティーのつながりを大事にし、互助の精神を持ってエリアの発展にご協力いただきたいと思います。最後になりますが、私はニセコエリアの将来はとても明るいものだと信じています。皆様と一緒に明るい将来を作っていければ幸いです。』

株式会社NAC

代表取締役  ロス・フィンドレー

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『平素より一般社団法人ニセコプロモーションボード(以下 NPB)の活動をご支援いただき誠にありがとうございます。新幹線新駅、高速道路の延伸、路線価の上昇や、G20観光大臣会議の開催地に決定などポジティブなニュースも相次ぎ、日本国内外からニセコエリアへと注がれる視線が従前よりも「熱」を持ってきているように感じます。そのような多様な変化が起こる中で、NPBが地域観光組織として担うべき役目・役割もまた多様でなければならないと感じています。今年度からは観光庁認定の地域連携DMOのプラットフォームとして、NPBという組織そのものへの注目度や重要性が増しております。未だ右肩上がりの成長を見せるニセコエリアではありますが、真の通年型リゾートとして次のステップに向かうために、NPBに課せられた役割は非常に重要なものです。リゾートとして永続的な発展を目指すエリアのマーケティング・プロモーションを牽引する専門組織として、NPBは今後も邁進して参ります。』

株式会社東急リゾートサービスニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ

 

統括総支配人  釜江 良尚

​平成30年度代表理事からのご挨拶および新役員名簿PDFデータにつきましては、コチラからダウンロードしていただけます。

 


ワールドスキーアワード2018 ノミネート

今年も日本のベストスキーリゾートにニセコがノミネート!

World Ski Award(世界スキーリゾート賞)に於いて、今年もワールド部門、日本部門の各賞に多数の事業者がノミネートされました。 昨年も世界一の称号ワールドアワードをスキーブティックホテル部門でヴェールニセコが受賞。また、国内2部門でThe Vale NisekoとSekka Kanが日本一を受賞しています。
今年も競合リゾートが同様にノミネートされているため激戦が予想されますが、ぜひ皆様からの投票で再受賞出来ますようご協力お願い致します。
尚、サイトは英語での表記のみとなりますが、投票方法はシンプルですのでどうぞご協力ください。

皆様へお願いしたい事:
1. 投票のリンクを御社のデータベース(旅行エージェント、顧客、不動産関係など含む)に案内送信
2. このリンクを御社のサイトで最も目に留まる位置に設置
3. 御社がお持ちのメディア関係者へプレスリリース
4. 御社が管理しているソーシャルメディアに掲載

旅行博でニセコを知った方、また実際にニセコを訪れた観光客やメディア関係者などの投票により、同賞を受賞したことでスキーリゾートとしてのニセコの名前が世界に周知されましたが、引き続き世界水準のスキーリゾートとして指示が頂けるよう皆様のご協力をお願いします。投票ページは、こちらをご参照ください。(投票期間:2018/6/1 – 2018/9/22)

2018ノミネート

-ワールドベストニュースキーシャレー部門
  J’s Den(ジェーズデン)

-ワールドベストスキートラベルエージェント部門
  Explore Niseko

-ワールドベストヘリスキーオペレーター部門
  北海道バックカントリークラブ

-ワールドベストスキートランスファーオペレーター部門
  スカイエクスプレス

日本国内ベストスキーリゾート部門

  Niseko United

日本国内ベストスキーホテル部門 

Alpen Ridge

Hilton Niseko Village

The Green Leaf Niseko Village

- 日本国内ベストスキーブティックホテル部門

Chalet Ivy

Ki Niseko

KIMAMAYA Boutique hotel

LOFT Niseko

MUSE Niseko

Shiki Niseko

The Kamui Niseko

The Vale Niseko

Zaborin

日本国内ベストスキーシャレー部門

Aspect

Hakuchozan

Gustav's Hideaway

Kozue

Sekka kan

尚、ご質問などございましたら、いつでもこちらまでご連絡下さい。

 

[email protected]


新幹線の札幌延伸、新駅の利便性向上へ協議進む

北海道新幹線の札幌延伸(2030年度末の予定)に向け、駅の利便性を向上させるため、建設主体の鉄道・運輸機構は道と共同で、地元の要望を集約する協議会の設置を各地で進めている。協議会が意見を集約するのは、2016年3月に開業した新函館北斗駅(北海道北斗市)を始め、新設される新八雲(八雲町)、長万部(長万部町)、倶知安(倶知安町)、新小樽(小樽市)の4駅周辺の商工業者らが対象で、駐車場などによる高架下の活用や有料待合室の設置、外国人観光客の対応についても議論する。

北海道によると、新函館北斗駅では、ホームの通路の狭さや、下り線到着時の駅構内の混雑など、利用者から指摘が相次いでいた。

(2018年6月7日読売新聞)


ニセコ公式アプリ「Niseko」2018夏の最新情報配信中!

ニセコの公式アプリ「Niseko」をダウンロードして、この夏ニセコの旅行を最大限に満喫してください!

ニセコの公式アプリ「Niseko」2018夏版がリリース!i-Pad, i-Phoneをご利用の方はこちら、Andoroidをご利用の方はこちらからダウンロードしてください。

「Niseko」は、リゾートの公式なアプリとして認められた情報ツールとして、天気情報、リゾートマップのような統合された情報、最新のイベント情報、キャンプ場情報、温泉、レストラン・アクティビティー情報がエリアまたカテゴリー毎に掲載されているので、いち早く知りたい情報を取得することができます。

詳細な交通情報を備えて、近隣のリゾートや景勝地、たとえばキロロやルスツ、小樽や函館などニセコにも滞在しながら楽しめる日帰り旅行などの情報もご覧いただけます。

また、「E-Guides」セクションを開きニセコの魅力を伝える地域情報誌「パウダーライフ」の50号発行記念特別号(英語・日本語・中国語)をぜひ、ご一読ください。「サマーライフ」は英語版を掲載しています。

そして、開催イベントやリゾートの日々の情報を最新版で受けるために、あなたのプッシュ通知機能をオンにしてください!ニセコプロモーションボードは、公式アプリ「Niseko」を通じて、あなたに200%ニセコの夏の楽しめる情報満載で日々お届けしています!

掲載内容

以下の情報をご覧いただけます。

- 天気予報

- レストランガイド

- アクティビティ情報

- キャンプ場マップ

- E-Guides

- イベント情報

- リゾートマップ

- 時刻表、 JR時刻表、 バス時刻表、レンタカー情報

- ローカルカードの特典詳細

などなど

*アプリ表紙写真 :  Niseko Photography

 

詳しくは Niseko Promotion Board までお問合せください。


ローカルカード 2018夏 割引特典のご案内

“NPB x Explore Niseko ローカルカード” のお得な割引内容

ニセコで働くローカルスタッフ向けの、ディスカウントプログラムがこの夏も継続してご利用頂けます!

レストランやアクティビティ、ショップなどの様々な割引特典を、NPBの会員事業者とそのスタッフの皆様向けにご用意しております。
対象店舗と割引情報については、公式アプリ「NISEKO」又は、Explore Niseko 公式サイトよりご覧頂けます。

夏の割引内容は、2018/10/31までご利用頂けます。冬の割引特典は11月にご案内予定です。

当ローカルカードをお持ちでない方は、こちらのオンラインフォームよりご登録可能です。登録申請後、NPB事務局(マップ)まで受け取りに起こし下さい。

平成30年度NPB定時社員総会終了

平成30年5月31日(木)午前10時よりホテルニセコアルペン2Fレストランシュプールにて開催された定時社員総会には、社員総数の過半数以上である130名の社員(委任状提出者を含む)が出席し、①2017年度の事業・決算報告、②監査報告、③2018年度の事業・予算計画、④理事及び監事の選任(改選)の件について審議し、出席者からのすべての議案について承認をいただき終了しました。

代表理事には引き続き

代表理事: ロス・フィンドレー氏 (株式会社NAC 代表取締役)

代表理事: 釜江 良尚氏 (㈱東急リゾートサービス  ニセコマウンテンリゾート
グラン・ヒラフ 統括総支配人)

業務執行理事: 田中 義人氏 (㈱ニセコリゾートサービス 代表取締役)が再任されました。

新理事のみなさんについては、こちらをご覧ください。また、新理事を代表いたしましてニセコメディア(株)の取締役とPowderlife編集長でもありますクリスチャン・ランド氏よりご挨拶をいただきましたので、ご紹介致します。

Hi everyone,

I'm honoured to have been invited here today with the opportunity to join the board of the NPB. I'm confident that together we can guide not just our tourism promotion, but ensure a better future for the entire Niseko area.

Niseko is riding a wave of success and popularity at the moment. But as we all know, sometimes the good times don't last forever. After the ski boom of the 1980s, very few ski resorts across Japan have recovered to their former glory. Fortunately for us, Niseko has recovered and is now leading the way in the revitalisation of Japan's ski tourism industry.

The benefits of this to the local people can be seen everywhere you look – we've got cash flowing into the local economy, and off the back of that, growing population, employment and business opportunities. Essentially the quality of life for local residents is improving unlike many other towns across Hokkaido. However, we all know there have been speed bumps that have greatly affected tourism over the past decade.

The Kutchan/Niseko community is now dependent on the tourism economy, so the NPB and other tourism organisations have a very important job - our families and fellow citizens are relying on these organisations to plan for the future.

So that's why I'm here today – I'm passionate about Niseko and its future. Until recently I considered Niseko my second home. Now it's just my home.

I'm really excited for the opportunity to work with the NPB to help plan for the future for all of us here and everyone living in the area.