グローバル・ウルトラ富裕層向け宿泊・居住施設支援型コンシェルジュサービス「GOYOH」2018年12月中旬から順次運用開始!

ラグジュアリー不動産・ホスピタリティ・統合型リゾート(IR)分野の開発・企画を行う、株式会社ASTERISK(以下、アスタリスク、本社:東京都千代田区 代表取締役:伊藤幸彦)および、株式会社GOYOH(以下、GOYOH、本社:東京都新宿区)は、インバウンド富裕層向けラグジュアリーレジデンス・宿泊施設運営事業者専用インターフェイス「GOYOH」を、北海道ニセコのニセコヴィレッジ内の『カサラ・ニセコビレッジ・タウンハウス』をはじめとする複数のラグジュアリーリゾート内の厳選された約50棟のラグジュアリーヴィラで2018年12月から順次運用開始します。

GOYOHは、アスタリスクがグローバル富裕層からのニーズに応えるために独自開発したスピンオフ・ベンチャーです。

近年インバウンド旅行者の趣向には、これまでとは異なる傾向が見られます。旅行スタイルはパッケージツアーから個人旅行に移行し、訪問地においては、従来の主要都市圏から地方への訪問率が上昇し、日本の日常生活や伝統歴史文化体験を望む「コト消費」へとその変化が顕著に表れています。この傾向は、ライフスタイルを重視するグローバル富裕層においてはさらに顕著となっています。

GOYOHサービスの運用は、カサラ・ニセコビレッジ・タウンハウスを皮切りに、一泊あたり数十万円の宿泊施設の宿泊者、または数億円〜の物件所有者のグローバル富裕層に対し、それぞれの要望に沿った各種のライフスタイル・サービスを展開します。

カサラ・ニセコビレッジ・タウンハウスの開発・運営を手掛けるYTLホテルズは、マレーシア、タイ、インドネシア、中国、日本、フランス、英国において、数々の受賞を誇る一流のラグジュアリーリゾート、ホテル、スパ施設を展開しており、北海道・ニセコではニセコビレッジにヒルトンニセコヴィレッジ、カサラ・ニセコビレッジ・タウンハウスをはじめとした複数の高級宿泊施設を展開しており、さらに今後、Wホテルとエディション・ホテル、日本初となるリッツ・カールトン・リザーブの開発・開業を予定しています。

冬のハイシーズンを迎える北海道ニセコ町には、毎年世界中から多くの富裕層が集まることで知られており、過去3年間の訪日宿泊数が順調な伸びを見せる中、特に中国や香港を中心にアジア圏からの来場者が軒並み増加の一途を辿り、不動産への投資を含めウルトラ富裕層の消費が大きな伸びを見せており、インバウンド業界市場における新たな商機としても大いに注目されています。

同時にニセコは、海外からの来訪者や投資家と地元コミュニティの共存共栄への課題、国際的な地方リゾートとしての人的資源やインフラ整備といった課題も顕在化しており、日本の次世代インバウンドの商機と課題における注目すべき先行モデルでもあります。

GOYOHでは『ヒトとコミュニティとコト』を合わせることによって、ヒトの持つ創造性を活かし、地元(コミュニティ)のヒトや資源との連携により、特別な『そのときだけ、そこだけ、そのひととだけ』といったコトに昇華させて、ウルトラ富裕層の求めるサービスや体験を創り出す事を進めています。

【GOYOHの特徴と利便性】

GOYOHは、長年アスタリスクが国際的なラグジュアリーサービスの開発や不動産事業において培ったネットワークとノウハウを最大限に活用した、不動産デベロッパー、高級小売店、プライベート移動サービス、アートギャラリー、高級レストラン、体験型サービスプロバイダー、ウェルネス関連プロバイダーに加え、日本各地の農家、伝統工芸家とも提携し、利用者の滞在場所や地域性を活かしながらも、同時に様々な商品・サービス・体験を日本全国から提供することができます。

グローバル富裕層向けに厳選された特別な品揃えに加え、ミシュランの星付きレストラン、各種アクティビティ・エンターテインメントへの特別予約はもちろん、ヘリスキーや美術館の貸切、美術品やプライベートジェットといった、ウルトラ富裕層が求める特殊な買い物のアレンジも行います。

グローバル富裕層向けのレジデンスにおいては、GOYOHを通じて国内の各都市やリゾートに訪れた利用者が国内の様々な場所のラグジュアリーレジデンスを購入したりライフスタイルにアクセスする事が可能であり、さらに商品や不動産の購入に留まらず、地元のコミュニティと共生する事業機会へのアシストも行います。

■GOYOH概要 :https://www.goyoh.jp/


「ニセコショートフィルムフェスティバル」応募作品受付中!

出品作品の中から特別に、Roxy後援スキーヤー Lena Stoffel出演の「Winterfox」予告編をこっそりチェック!

素晴らしいショートフィルム作品が続々と応募提出されている、今冬初開催のショートフィルムフェス。公式フェスティバル会場も発表され、期待感も高まってきています!3月16日(土)イベント会場となるHANAZONO308のリゾートベースまでは、ひらふから無料シャトルバスがご利用いただけます。

当日は、“レジェンド”審査員団によって選出される10作品以上が上映され、上位入賞者には賞金総額10万円とニセコユナイテッド全山リフト券が贈られます。

会場で振舞われるのは、地元民にも観光客にも人気の「ニセコピザ」。ニセコ、そしてニセコという場所で才能を錬磨された人々が次々と紹介される、素晴らしい夜になること間違いなし!ご家族やお友達と一緒に、ぜひあなたも会場で最高のひと時をお過ごしください。

Lena Stoffel出演「Winterfox(ウィンターフォックス)」予告編 (視聴サイト: Vimeo

作品の応募について

審査員団は、短く、創造的にニセコの物語を伝える映画をお待ちしています。アカデミー賞獲得を狙うような基準は必要ありません。作成者自身の利用可能な技術と、表現したい情熱とが上手く組み合わされていればOK!「人物描写」、「文化」、「自然/環境」、「パークライディング」、「アドベンチャー/探検」のカテゴリーがあります。

出場登録は無料、作品提出期限は3月5日(火)です。

 

登録詳細および作品ガイドラインにつきましては、イベントページでご確認ください。


Veuve Clicquot “In the Snow” 日本初開催が決定!

世界が注目するスノーリゾートニセコに期間限定ポップアップ ラウンジも登場 !! 2019年3月1日(金)から3月10日(日)まで!!

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社(東京都千代田区神田神保町)の取り扱いブランド ヴーヴ・クリコは、人生に大胆な彩りを添えるシーズナルのアクティビティの一環として、これまで世界のスキーリゾートに彩りを添えてきた「Veuve Clicquot “In the Snow”(ヴーヴ クリコ イン ザ スノー)」 を、2019年のウィンターシーズンにむけて日本で初開催いたします。

初開催の地となるのは、国際的スキーリゾートとして人気を博すニセコ。2019年3月1日(金)から3月10日(日)にかけて、ニセコ エリアのカフェ、ラウンジ、レストランなどにて、ヴーヴ・クリコのエレガントなサプライズに満ちた心地よい空間の中で、ブランドのフラグシップ・シャンパーニュであるイエローラベルを中心にお楽しみいただけます。

デンマーク語で“人と人の触れあいから生まれる、温かく居心地の良い雰囲気”を意味する「ヒュッゲ」をテーマに掲げたヴーヴ・クリコ ”イン ザ スノー“は、仲間や大切な人と過ごすウインターシーズンに、心地よいくつろぎのひとときを楽しめる数々のおもてなしをご用意して、皆様をお待ちしております。

特に雄大なスケールを誇るニセコ グラン・ヒラフ ゲレンデ中心部のゴンドラ乗り場に位置する、「レストラン&カフェ タンタ・アン」では、ヴーヴ・クリコのポップアップ ラウンジが期間限定で登場!期間中、テラスや屋内にて「ヴーヴ・クリコ イエローラベル」 、「ヴーヴ・クリコ ローズラベル」、 「ヴーヴ・クリコ リッチ」をバイ・ザ・グラス、バイ・ザ・ボトルで、またスペシャルセットメニューとしてお楽しみいただけるほか、ヴーヴ・クリコのスペシャル ゴンドラ・ラッピングなども出現します。また、HANAZONOスキーリゾートのレストラン アスペルジュ(3/2-3/10) では、ランチとディナーの際にヴーヴクリコのシャンパーニュがグラスでご注文いただけます!この機会にぜひ、ご賞味ください。

伝統と最高級のクオリティを保ちながら、エレガントで遊び心たっぷりな感性で人々を魅了するヴーヴ・クリコ。白銀に輝く美しい場所で、ヴーヴ・クリコと共に大胆に彩られたウィンターシーズンをお楽しみください。

Let Life surprise you!

【ヴーヴ・クリコについて】

1772年にフランスのランスで創業して以来、シャンパーニュメゾン、ヴーヴ・クリコは、人々の生活に大胆な彩りを与えてきました。シャンパーニュを超越する存在、ヴーヴ・クリコは、太陽の光があふれるような鮮やかなイエローのメゾンのテーマカラーを通して表現されているとおり、生きる悦びがはじけるアティチュード(姿勢)そのものなのです。大胆さと革新的な感性をもち、シャンパーニュ地方の「偉大な女性(ラ・グランダム)」として知られたマダム・クリコがメゾン経営を引き継いだのは1805年のことでした。まもなく、商才を遺憾なく発揮してメゾンの礎を築いたマダム・クリコは、まだまだ女性がビジネスに進出することの少なかった時代に、初期のキャリアウーマンとも言うべき存在となりました。卓越したメゾン文化を育み、「品質はただひとつ、最高級だけ」を自らのモットーとした彼女。マダム・クリコの情熱、ビジョン、そして内からあふれでるフランスならではのアール ド ヴィーヴルは、今日まで、彼女の名前を冠するメゾンの中に生き続けています。ヴーヴ・クリコは、アイコニックなイエロー・ラベルをはじめとする卓越したシャンパーニュと、世界中の楽しい体験を通して、喜びを広げます。

 

www.veuveclicquot.com
facebook.com/veuveclicquot
instagram.com/veuveclicquot
twitter.com/veuveclicquot
#LiveClicquot

プレスリリース原本はこちら

お問い合わせ先:
ヴーヴ・クリコ PR事務局 (株)サニーサイドアップ
担当:清水(徹)、武田
メール:[email protected] TEL:03-6894-3200  FAX:03-5413-3050


上村雄一の新レストラン「キッチン」のご紹介

ニセコで最も有名な人気レストランの一つ「カミムラ」のオーナーシェフ上村雄一が手掛ける新レストランがハイアットハウスニセコにオープン!

当初、カミムラの既存の“キッチン”の延長としてスタートしたレストラン「キッチン」。ほどなくしてそのロケーションが、より親密でプライベートな食事体験をゲストに提供できる最適な場であることに気付いた上村とそのチームは、2019年2月2日より正式にレストランをオープン。

アンヌプリの山々を見渡す美しい景色に囲まれた30席の当レストランでは、洋と和のコンテンポラリー料理をご堪能いただけます。

アラカルトメニューのほか、ご要望に応じたおまかせメニュー(お一人様10,000円)をご用意しています。6人以上のグループのお客様は、おまかせメニューのみとなりますのでご了承ください。

冬季営業時間
18:00〜23:00(フードラストオーダー 22:00)
月曜日〜土曜日(日曜定休)

お問合せ・ご予約
電話:0136-21-3200
Eメール:[email protected]
ウェブサイト:www.kitchen-niseko.com
予約:https://www.tablecheck.com/ja/shops/kitchen/reserve

 


「Good Luck Trip 北海道 2019-20」リリース!

ニセコのグリーンシーズンで新たな食や体験を見つけよう!

2019-20 Good Luck Trip Hokkaido

NPBはこの度、北海道新聞社との共同企画として、北海道新聞社が旅行ガイドブック「地球の歩き方」などを発行する「ダイヤモンドビッグ社」と共同で定期発行しているインバウンドフリーマガジン「Good Luck Trip 北海道」でのニセコエリア特集を企画しました。

グリーンシーズンのニセコを英語・中国語・タイ語で紹介しております。
完成した当媒体については、国内外の旅行会社やエキスポに配布され、また各種オンライン媒体にも掲載されます。