ニセコの総合観光案内サイト

ニセコの日々

「ニセコ開拓物語 世界的リゾートはこうして作られた」(2019/3/3 日経記事)

Niseko Daily Life

1928年に秩父宮殿下がスキー登山して一躍、国内に名が知れ渡った北海道のニセコ。戦後の高度経済成長期からスキー場開発が本格化したが、パウダースノーの真価を見いだしたのは若い外国人だった。世界的リゾート地を開拓した者たちの軌跡をたどる。(敬称略)

ニセコグラン・ヒラフスキー場の麓にはコンドミニアムが立ち並ぶ。奥は「蝦夷富士」と称される羊蹄山(倶知安町)

■「2人のロス」が魅力見いだす

ニセコに川下りのラフティングを持ち込み、世界的リゾートに引き上げた立役者の1人、ロス・フィンドレー。95年にアウトドアツアーを扱うNAC(ニセコ・アドベンチャー・センター)を倶知安町で立ち上げた彼は妻の陽子と、札幌市内の映画館でチラシを配っていた。

ちょうどその年の春にメリル・ストリープ主演の「激流」が封切りになった。主人公の女性が危険な急流下りを強いられるサスペンスで、迫力ある激流の描写が話題を呼んだ。「ニセコで急流下りしませんか」。興奮冷めやらぬ来場客に向かって呼び掛けた。

フィンドレー夫妻は二人三脚で事業を軌道に乗せた(倶知安町のNAC本社前)

オーストラリア生まれのロスはキャンベラ大学でスポーツ学や経営学を学び86年に卒業。スポーツ関連の仕事を探そうとしたが当時は不景気で「大卒でもウエーターのような仕事しかなかった」。一方、日本はバブル景気のまっただ中。「何かビジネスのヒントがあるかもしれない」とワーキングホリデーで北海道にやってきた。

札幌でスキーインストラクターをしながら暮らしていると、仲間からニセコを紹介された。訪れてみると水分の少ない雪質の良さに驚いた。「若いスキーヤーがたくさんいて、雰囲気もすごい良い」。ロスはそこで、当時モーグル選手だった陽子に出会う。

「この外国人、すごい貧乏だなあ」。これがロスの第一印象だった。食堂の端でたくあんをかじりながらライスを食べていた。2人はすぐに意気投合して一緒に暮らし始める。冬はスキー場で仕事にありつけたが、夏の生活が楽ではなかった。

ビジネスのヒントはすぐ足元にあった。ニセコに流れる尻別川では春先から夏にかけて川下りができる。ラフティングの体験ツアーを思いついた。札幌の映画館でチラシを配ったかいもあって順調に滑り出し、口コミが口コミを呼んだ。目新しかったアクティビティーにメディアも注目。修学旅行の学生客まで呼び寄せ、今では毎年3万人が楽しむ。

NOASCを立ち上げたカーティ夫妻はニセコのスキー場で出会った

ニセコを代表するもう1つのアウトドア会社、NOASC(ノーアスク)は94年にロス・カーティが立ち上げた。彼も豪州出身でIT企業に勤務していた。仲間をつてにニセコを知り「夏休みを使ってスキー場で働こう」と思い立つ。

豪州からスキー場に履歴書を送りつけ、スキーパトロールの職を得た。そしてホテルニセコアルペンで後に妻となる邦代と出会う。2人は豪州でスノーボードを仕入れて日本で売る商売を始めた。徐々にバックカントリーを案内するツアー事業に軸足を移し、ラフティングやアドベンチャーキャンプも始めた。

90年代のニセコでは「2人のロス」のような若い外国人のサクセスストーリーが生まれ始めた。彼らが持ち込んだアクティビティーが呼び水となり訪日客が徐々に増えていく。

コンドミニアム開発の主体は外資大手に移りつつある(倶知安町の「HANAZONOリゾート」)

■「不動産、買エマスカ?」

「ワタシ、オーストラリア人デス。不動産、買エマスカ?」。ロス・フィンドレーの元でアルバイトをしていた豪州人のベン・カーが吉田聡司法書士事務所を訪ねたのは2000年のことだ。代表の吉田聡は倶知安出身。カナダに留学して英文の契約を学んでいた。

ベンは当時30歳。ツアーガイドをする傍ら、ニセコに目を付けた海外の不動産バイヤーに中古ペンションを仲介する副業を始めた。「ベン、そんな売値は狂っているよ」。ニセコの仲間に止められたのに、バイヤーからは「どうしてこんなに安いの?」と不思議がられた。

ニセコの不動産価格は間違いなく高騰する。そう察知した2人は共同で外国人向け不動産仲介を手掛けるニセコ・リアルエステート(倶知安町)を起業した。「カナダで勉強した契約書の翻訳がこんな風に役立つとは思ってもみなかった」と語る吉田はいま、倶知安観光協会の会長を務める。

もう1人、ニセコの不動産に商機を見いだした豪州人がいた。サイモン・ロビンソン。豪州の首都キャンベラ近郊でレストランやカフェを営んでいたが、03年の大規模な山火事に巻き込まれて全財産を失った。

「保険金を使ってニセコで一発逆転だ!」。04年に北海道トラックス(倶知安町)という会社を立ち上げ、保険金を元手に長期滞在に向いているコンドミニアム4棟をニセコに建てた。すると、完成前にたちまち完売してしまった。

サイモンのコンドミニアム建設は、投資の熱気が充満し始めたニセコでマッチを擦ったようなものだった。建設ラッシュが始まり、06年の公示地価で地価上昇率全国トップに躍り出る。

複合施設「SOMOZA」をプロデュースしたショウヤ・グリッグさん

■美・食彩るクリエーター

15年に北海道倶知安町の花園地区で開業した高級旅館「坐忘林(ざぼうりん)」。広大な原生林に突如、和の雰囲気をまとった現代建築が現れる。近くには古民家を改造した複合施設「SOMOZA(ソモザ)」が17年にオープン。北海道ゆかりの芸術作品を集めたアートギャラリーや地元食材を使ったレストランなどで構成する。

坐忘林ソモザをプロデュースしたのは英国出身の総合クリエーター、ショウヤ・グリッグ。英国リーズ生まれで、中学時代にオーストラリア西海岸のパースに引っ越した。両親は中古の家に引っ越しては手を加えて購入時より高く売り、また別の家に引っ越す生活をしていた。

ショウヤは高校卒業後クラブでDJをしながら、映画や写真を学ぶ現地の専門学校に進学。映画監督の黒沢明に感銘を受け、日本で働こうと94年にワーキングホリデーで来道した。映画関連の仕事には就けなかったが、デザイン会社を設立して事業が順調に拡大していた頃、親譲りのDIY好きが興じ、空間デザインに進むことを決めた。

道内で物件を探して行き着いたのがニセコだ。奥地にある古びたペンションを買い取った。壁や天井をぶち抜く大改装を施し06年、レストラン「SEKKA DINING」をオープンした。当時のニセコは飲食店が少なく、斬新さが目を引いた。来店客がデザインを気に入り「別荘を作ってほしい」と相談。建築家と組んで別荘やコンドミニアムを建てるようになった。自然と芸術を組み合わせた坐忘林とソモザはグリッグにとって集大成の一つだ。

北海道の片田舎にあったスキー場は今や、海外とダイレクトでつながる流行の発信地となった。その活力を取り込んで、さらに訪日客が集まる。好循環はしばらく続きそうだ。(山中博文)2019/3/3 日経デジタル記事

キャンピングカーで楽しむニセコ!!

3月に入り、もう春スキーシーズンを迎えるニセコ!スキー場は、今シーズンHANAZONO, ニセコビレッジは4/8まで、グランヒラフとアンヌプリは、5/6(日)迄営業予定です。ナイター営業は、各社3/18(日)で終了となります。まだまだ、スキー、スノーボードが十分楽しめる春のニセコにおこしください!

さて、今日は「キャンピングカーで楽しむニセコ」を台湾ブロガーの方がご家族でニセコを訪れ取材をしていただいています。昨日までの天候状況で到着がちょっと心配ではあったものの、無事到着♪ (よかったぁ^^; )

まず最初に訪れたのは、ヴィラルピシアニセコ、レストランの他ブティック(お持ち帰りの西洋風お総菜&べーカリー)やスィーツも充実しています。ニセコの鉄の芸術家 澤田さんのアートギャラリーもお楽しみのポイント!!ニセコの自然、暮らし、スポーツなどのいろいろなテーマで作られる作品を通じてニセコを感じられる時間に触れてください。

お問合せ、営業スケジュールについては、こちらをご覧ください。

「ニセコネイチャーセンター」

昨年オープンしたニセコビレッジそばの「ニセコネイチャーセンター!!」夏のキャンプ、サイクリングをご予定なら、ニセコネイチャーセンターにご相談ください!

​お次は、おやつとサンドイッチのお店「グラゥビュンデン」さん♪

土日も朝8:00からオープンだから、朝ご飯の時にも立ち寄れます。

〒044-0081 北海道虻田郡倶知安町字山田 132-26 TEL 0136-23-3371

E-mail : [email protected]
(以前と少し変わりました、土日も朝からです。)
■クリスマス期間中(12/23〜25)はOPEN:10:00
■平日、土日ともに:8:00 〜22:00(LO21:00) 日 木曜日

※30種類のメニューの他、ワンププレートディナー(コーヒー&紅茶、デザート付き2000円)も!!

​NACニセコアドベンチャーセンター

キッズスペースをお探しならNACニセコアドベンチャーセンターの”キッズガーデン"(*外で長く遊べない冬の季節限定12/1-3/31) へやってきました。レストランに併設されているから安心してゆっくりお食事していただけます。このほか、昨年オープンしたNACアドベンチャーパークも通年でお楽しみいただけます。

​今度は、夏も来てみようとおもいます♪  

ニセコの夏のアクティビティー情報はこちら、宿泊施設情報は、こちらをご覧ください。

初羊蹄山登山:山の日2016

​今日は、「山の日」ということで羊蹄山登山に行ってきました!日帰りコースで真狩登山口から7:30スタート!(女性3名)

持ち物:飲み物500ml × 4本(内1本水)、雨具、トレッキングポール(杖)、虫よけ、登山靴(履き慣れたもの)、軽食(おにぎり、カロリーメイト、ウィダーインゼリー, キャンディ)、携帯トイレ&トイレットペーパー、新聞紙、ファーストエイドキット、携帯電話、タオル、帽子、ザック(使い慣れたもの)、軍手

朝、登山口にいくと警察の山岳救助隊の方が5名「気をつけて登って下さい。お腹が空いてなくても、水分補給の他に何か適時食べながら、エネルギー補給しながら、上って下さい。」とアドバイスしてくれました。入山届の箱の記入台帳に入山者、時間、住所、連絡先、下山日などの必要事項記入します!トレッキングポールの使い方については、あらかじめYoutubeなどで紹介されていますので、グリップの持ち方などを含めて予習しておくことをお勧めします。ポールの使い方が、上り、下りの足にかかる負担をうまく使うことにより、かなり軽減されます。

​登り始めて4号目を過ぎるとそれぞれの体力、脚力の差が出てきて、ペースの違いが出てきました。ペースが違うと疲れるというのがよくわかります。ただ、ポールなしでよじ登らなくてはならない箇所が多いので、互いに手を貸しながらになります。それに、もし誰か一人が足をくじいたりしたら、他の2人が肩を貸して下りなければなりません。4号目を過ぎて、洞爺湖や日本海を見下ろしながら、お互いに励まし合いながら、上を上を目指して登って行きました。「これ、どうやってよじ登るの?」っていう箇所が多いので、時々山猿にでもなったような気持ちで、よじ登って行きましたよ。(笑)急な箇所は、ポールを2本同時について、体を引き上げるように登っていきます。こうすると、とても楽に登れます。

​真狩の山頂へは、比較的早く到着しました。11:30 4時間で登りましたが、クレーターを見るまでは、20分くらいかかりました。

到着すると​クレーターや山頂からの町並みの景色に魅了されます。それは、それは、素晴らしい眺めです。また、イワギキョウ、イワウメ、イワベンケイなどの花々が咲いて、疲れを癒してくれます。それまでの疲れを忘れたかのように、クレーターの周りを夢中で歩き回りましたよ!休憩して13:40下山開始。

​ここからが試練です。登りに比べて、下りは、膝に重圧がかかります。うまく、ポールを使いながら、下りていく必要があります。山頂部分は、ガレ場(上記写真:岩壁や斜面から崩壊した岩クズが斜面に広がって、浮石などでバランスを崩して転倒してしまう場所)が多く、登山靴でも滑りました。こういった箇所で転倒してしまうと、下山時に悪影響を及ぼします。下りでは、上りの2倍の重力が膝にかかるからです、しかも荷物の分も入りますから、体重が50kg+荷物が3キロ=53kg×2=106kgが膝にかかるので、後半につれて足が動かなくなるのがよくわかります。常にランニングをしていても、下りのトレーニングはしていないため、下山後半かなり足元が危ういと思いまがら、ゆっくり、ゆっくり下りました。

​下りてくる途中、モグラに出会いました!私がそばに近づいても、カブトムシとの格闘で気づかない様子。モグラは目が見えないので、聴覚と臭覚で餌を探すそうです。かわいいです。励まされた気持ちになり、6号目からまた気持ちを新たに下山。14:00頃には、山小屋で宿泊して翌朝下山する登山者と行き交いますが、登山道が、狭いところでは、頭を木の枝にぶつけないように注意してください。狭い(狭い、滑る)とどうしても、足元に気がとられがちで、私は2回木に頭をぶつけてしまいました。「こんにちわ!」と皆さん挨拶をして、「お先にどうぞ」と道を譲ってくださるんですが、狭くて急なところでそう言われることが多いので、無理な時は、逆に譲って先に行ってもらいましょう。慌てると怪我をします。海外の観光客の方も多く、皆さん「こんにちわ!」と日本語で挨拶してくれたのが、嬉しかったですね。

​念願の羊蹄山登山。下山到着、18:30 4時間50分、下山後の足のケアは、温めず、冷やしてストレッチで、早期回復を促します。下山後は、はじめに入山届を記入した箇所に下山した時間を記入します。

感想:普段の運動量がポイントです。体力・脚力がなければ羊蹄山は登れません。また、スクワットをしたりして普段から膝を強化して、まず、手頃な山をトレッキングする頻度を増やすことから始めましょう。登山を楽しいものにするために、まず、体力の備えをすることをお勧めします。途中トイレの心配をしていましたが、常に飲んでも汗になって出ているので、トイレに行きたくなることがありませんでした。飲み物は、上り1リットル、下り1リットルと下山時にちょうどなくなりました。ほとんど寒さは、感じることがなく、ランニングタイツとショートパンツ、上はTシャツで往復しました。

それにしても、羊蹄山を登った達成感は、なんとも言えないほど満ち足りた気持ちになります。今日は、たくさんの方々が登っていました、ご家族連れ、カップル、大学生グループ、職場の男性グループ、女性2人グループの方々、様々でした。登山道でゴミは、見当たりませんでしたが、くれぐれもマナーを守って、事故がないよう楽しく登山を楽しんでくださいね。

​倶知安町役場のホームページより羊蹄山情報(2017版)の日本語・英語 Q&Aをご覧いただけますので、そちらを合わせてご確認ください。

日本語Q&A

英語版Q&A

野菜ソムリエから学ぶ「からだに優しいを考える」& JAM CAFE パワーランチ!!

7月19日(火)雨。今日は、ニセコ町野菜ソムリエそして北海道フードマイスターの称号をもつ、佐竹世津夫さんの菜園のお手伝い、『June Berry』の収穫です。佐竹さんの菜園には、たくさんの種類のベリーや野菜が賑やかに育っていました。ジューンベリーのジューンは6月の意味なのですが、北海道は実ができるのが遅いため、7月になってからの収穫になるんです。摘みたての本物の味知ってますか?

​ジューンベリーのほかにブルーベリー、ラズベリー、グスベリ、イエローベリー、いちごにすもも。佐竹さんは、販売用に作っていません。菜園をお手伝いしたい方に収穫や野菜についていろいろ教えてくれます。ビックリしたのが、大麦と小麦もあって大麦は、麦茶に、小麦は、うどんにするとか。うどんを打つ時は、絶対手伝います!美味しい野菜の見分け方教えてもらいました。トマトは、おしりの部分のスターマークをみてください。スターマークとは、へたの部分とは反対側の中心から放射状の筋目部分のことをいいます。その筋目が細かく多ければ多いほど、実のしまった美味しいトマトと言う事なのだそうです。

​また、キュウリについては表面がつるっとしたものでは、なくトゲトゲ、ちくちくしたものを選んでください。表面がツルッとしたものは、改良されているため、本来の姿ではないそうです。あと、虫除けや病気を防ぐため、必ず傍にハーブが植えられていました。ホーリーバジル、シナモンバジル、すごく香りが良くて少しいただいてきました!帰りにスッキー二と収穫したジューンベリーをいただきましたので、写真にパチリ、おさめました!蚊が出るのでとオレガノの葉を手でもんで、首筋につけて収穫作業をしたので、蚊にさされませんでしたよ!どうぞお試しください。

今日は、朝早起きしたので、一日一食の私ですがお昼はしっかり食べます。JAM CAFE あっちゃんとシナちゃんがつくるPower Lunch!! 地元の野菜や素材を使ったヘルシーランチプレートです。採れたて野菜サラダ、夏のラタトゥユナムル、手作りハム、ポテトチーズ焼き、キュウリと豚みそ、白和え、レンコンフライ、冷奴、ホーレン草ごま和え、焼きブロッコリー、梅しそ大根の浅漬け、酵素たっぷりサヴァークラフト!!そして、サイズが選べるライスとみそ汁で¥1300です!少しずつ、いろんな食材をしっかり全体のバランスを考えて調理されたランチプレート!体の内側から元気にキレイにしてくれます。日月定休の11:00-14:30(L.O14:00)オープンです。

からだとこころそして、地球に優しい生活始めてみませんか? 

ネイチャーライドニセコ2016終了!!

7月17日(日)今日は、倶知安観光協会ネイチャーライド実行委員会主催のネイチャーライドサイクリングイベント!

110km, 50km, 30km 合計161名の参加者が集い、みなさんそれぞれの目標を達成され完走しました!天気予報は、朝のうちは五色温泉付近は、雨。それぞれのグループにチームニセコのメンバーが、伴走者として110kmには5名、50km, 5名、30kmのファミリーサイクリングには2名とそれぞれにサポートカー、エイドカー、メカサポートカーがつきます。消防署からの救護担当者も待機してるので、もしもの時は素早く対応します。親子参加が多かったですね。小学校2年生でも50km走りきっていて、ビックリ!50kmに参加して、途中コースを外れても最後まで自走で走り抜いた親子riderもいました!110kmには、地元の高校3年生の女子も!!完走賞を手にしたところで、おつかれさまshotをご紹介します!今日もみなさん、それぞれの目標に向かって走り抜いたドラマがありました。スタート前より、またひとつ成長を遂げた素晴らしい笑顔です!

開会式あとのラジオ体操は、沖縄方言のラジオ体操曲!?(オモシロい)​

タイムレースと違って、誰でもが気軽に参加していただけるのが、ネイチャーライドの魅力ですね。あと、エイドで食べられる、補給食も大好評でした!ポテトサラダ、ミネストローネ、お漬け物。道内外、海外からの参加者も喜んでいました!つばらつばらさんありがとうございました!スタッフ用のお弁当も居酒屋さかえさんの愛情のこもったお弁当で、ほっと一息できました!ボランティアにとってのお弁当ってすごく大事なんです。朝早くから、夕方までずっと集中なんですからね。

会場には、スプラウトさんや倶知安農高の生徒さんによるモンテバー販売ブース、patisserie la neigeさん、タージマハールさんなどが出店されていました。

​ホワイトアイル千葉さんの電動スクーター体験してみました!電動ってあの振動とかなくて、発進もスムーズなんですよね。私、スクーターって初体験だったんですけど、実は夏の暑い日とかいいなあ〜っておもってたんですよね♪まず、自転車みたいに両足地面について、右ハンドル回してアクセル、ブレーキは自転車同様。今後、ホワイトアイルさんで、販売とレンタルを始められるそうです!試乗もできるそうですので、ぜひ、この機会にお試しください。

さいごにNature Rideに参加された皆さん、スタッフのみなさん、お疲れ様でした!参加者のみなさん、来年もぜひ、ネイチャーライドに挑戦してくださいね!私たちは、また皆さんとともに走り、ともに励まし、達成したよろこびをともに分かち合う、そんなイベント運営を目指していきます!スタッフ一同、また、来年ネイチャーライドでお会いできるのを楽しみにしています!おつかれさまでした!

宿泊検索